三谷氏(千葉県茂原市)

三谷氏(桓武平氏千葉氏族)。上総国埴生郡三谷(千葉県茂原市)が発祥地で、千葉胤正(1141年〜1203年)の四男胤広が三谷氏を名乗ると伝わる。戦国時代に三谷信慈入道(大膳亮胤興)が隣接した井田氏と対立して1555年に井田因幡守友胤に討たれ、井田氏は三谷氏の坂田城等を奪い、三谷氏の一族や家臣は井田氏に従っている。