椎名氏(千葉市緑区椎名崎)

椎名氏は桓武平氏千葉一族。千葉庄椎名郷(千葉市緑区椎名崎)が発祥地で、千葉介常重(1083年〜1180年)の子の胤光が椎名氏を名乗る。椎名胤光は千葉庄内から柴崎城(匝瑳郡横芝光町)に移った。椎名氏は三谷氏と並んで東総の有力豪族であったが、近隣の井田氏が領土を侵略して、椎名氏と三谷氏は井田氏の支配下になったが、その後離反したと伝わる。なお、南北朝時代に越中国新川郡の松倉城に移住した椎名氏も存在する。家紋は「九曜」「沢瀉」「片喰」「蔦」「三つ巴」。