本多氏(大分県)

本多氏は藤原北家の後裔と称しており、豊後国日高郡本多郷が発祥地と伝わる。南北朝時代に足利尊氏に仕え、戦功で尾張国横根郡と粟飯原郡の領主となり、室町幕府の奉行衆も兼ね、後に三河に移住したと伝わります。写真のお墓は陸奥泉藩1万8千石「本多家累代墓」で、家紋は「立ち葵」です。