板倉氏(栃木県足利市板倉)

下野国足利郡足利庄板倉より起こる。現在の栃木県足利市板倉です。板倉氏は清和源氏足利氏流で足利宗家四代当主の足利泰氏(1216年〜1270年)の次男の義顕が板倉氏の始祖と伝わります。板倉氏では京都所司代の板倉勝重(1545年〜1624年)が有名です。写真は越後村松藩4代当主堀直堯嫡男直泰の正室で備中松山藩の初代藩主板倉家宗家7代目の板倉勝澄(1719年〜1769年)の娘まんのお墓です。写真のお墓には村松堀家の釘抜き紋と板倉家の巴紋の二つの家紋があり、両家を同じく大切にされていたように伺えます。