新田氏(群馬県太田市)

上野国新田郡より起こる。現在の群馬県太田市です。新田氏は清和源氏義国流。清和天皇-貞純親王-源経基-満仲-頼信-頼義、源頼義の長男が鎮守府将軍源義家で義家三男の義国の長男義重(〜1202年)が新田氏の祖で、義国の次男義康(〜1157年)が足利氏の祖です。なお、鎌倉時代から南北朝時代に活躍した新田義貞(1300年〜1338年)は新田本宗家の8代目になります。新田氏の家紋は写真にある「大中黒・新田一つ引」です。お墓は文久3年(1863年)とあります。戦国時代に新田宗家を継承したのは岩松氏で、明治維新(1868年)後に岩松氏と由良氏ともに新田姓に復しました。その事から岩松氏等の末裔の可能性がありますが、明治維新前の為に新田家の宗家か気になります。