滝沢氏(秋田県由利本荘市前郷滝沢)

滝沢氏は秋田県由利本荘市前郷滝沢が発祥地です。奥州藤原氏に臣従して鎌倉勢と戦った由利氏は許され旧領に戻り郡地頭として鎌倉御家人となった。1467年に由利十二頭の一人が滝沢氏で1575年に滝沢氏は矢島氏に攻められ滝沢政家以下多くの家臣が討死、政家の子は最上義光を頼って山形へ落ち延びた。写真の墓石は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』で有名な滝沢馬琴または曲亭馬琴(本名滝沢興邦)で上記滝沢氏の末裔と伝わります。滝沢氏の家紋は亀甲紋もしくは巴紋とおもわれます。