山上氏(群馬県桐生市)

上野国勢多郡山上庄より起こる。現在の群馬県桐生市新里になります。平将門を討伐した藤原秀郷の六世孫の成行が藤姓足利氏(源姓足利氏とは別)の始祖となり、足利家綱の子の高綱が勢多郡山上庄を領して山上氏を名乗りました。山上高綱は平安時代後期の武将で山上城を築城したと伝わります。